私は皆様のお身体を根本的に改善する為に、いろんな手技や考え方を取り入れ様々なご提案をしております。

そのベースにある根本的な部分には「ヒトの身体には自然治癒力があり、いつも治ろうと働いている」という事です。

例えば、手を切ったとしても時間がたてば傷はふさがり治っていきます。

これはヒトの持つ自然治癒力のおかげですが、体内においても同じようにいつも治ろうと働いております。

ですので、先天性(生まれつき)、進行性(白血病など)、ウイルス性のものを除けば、皆様の殆どのお悩みの状態は基本的に時間の経過で良くなっていくはずです。

それでは、例えば首コリや背部痛、もちろん外反母趾などもそうですが、なぜ良くならずずっとしんどい慢性病の様なものがあると思われますか?

それは、前述した「自然治癒力の働き」から言うと、治りかけの傷をまたひっかくような「治ろうとする力以上に、負担をかけ続けている事をしてしまっている」としか考えることができません。

例えば、痛風で治療していてもビールをがぶがぶ飲み続けている、等がそれだといえます。

それが首コリや背部痛などの身体の外側のお悩みでいえば「身体に負担のかかる立ち方や歩き方などの悪い習慣をし続けている」と言えます。

この話をすると「そうだね~」と気が付く方もおられますが、案外多くの方が「いえ!私は姿勢には注意していますよ」と仰います。

そのような方に思い返して頂きたいのは「正しい姿勢や歩き方をどこかでしっかりと教わったことがありますか?」という事です。

そもそもの話、正しい姿勢や歩き方を知らなければ正し様がないって事ですよね?

そうなんです!ほとんどの方は正しい姿勢や歩き方をしっかりと教わった事もなく、ネットやテレビの情報、何かどこかで聞いたような、いい加減な情報を基に注意していたことに気づかれます。

ネットの情報の多くは信憑性に欠けるあやふやな、疑わしい情報も多いです。

テレビにしても、スポンサーなどの思惑などから正確な情報ばかりとは言いかねます。

そんなわけで、もしあなたがコレ!と信じていた姿勢や歩き方が間違いだったとしたら?

たとえ身体が良くなろうと働いたとしても、いつものクセのせいで引き戻され、悪循環に陥る。それで慢性の状態が出来上がります。

これがずっとしんどい慢性の状態の原因です。

とりわけ歩き方については、ほとんどの方が教わる機会がないと思います。

あったとしてもせいぜい都会に、魅せる事を重視したウォーキングスクールがあるぐらい。

そんなわけで外反母趾や股関節痛など、足のお悩みが慢性的になっておられる方がとても多いのです。

もうお分かり頂けたと思いますが、あなたの足に関連する悩みの根本的な改善をしたい!という事でしたら、歩き方という「生活習慣」を改善する事が絶対不可欠になります。

 

このことから当院では「ネイティブウォーキング協会中島先生」に師事し、足の医療の先進国アメリカの「足病理論」「生体構造力学」を基にした、身体に負担の少ない理にかなった歩き方を会得し、皆さんが習得しやすい指導法を熟知することに。

 

この改善プログラムは、現状問題改善の為の「整体」と、その状態維持の為の、歩き方を中心とした「生活習慣指導」の二軸で”本気で根本的に改善を目指すあなたのパートナー”としてお身体のお悩み改善のお手伝いをしております。