足裏の痛みやO脚など足に関連するお悩みの場合、その箇所をいかに改善しようかとばかり考えてしまいます。

しかしそれらの状態はあなたの正しくない歩き方、負担の多い無理がかかる足の使い方をしている事が誘因となる場合が、実はとても多いです。

あなたは、ご自身の歩き方に問題があるかも?と考えたことも無いかもしれません。

しかし、ペンなどにも正しい持ち方、バットのスイングにも合理的なフォームなどがあるように、足にもその骨格構造上、動きが自然で無理がない、という合理的なフォーム(歩き方)があります。

 

これを生体構造力学(バイオメカニクス)といいます。

もともと自然治癒力のおかげで、傷などは勝手に治っていく私たち人間が、慢性的な問題が生じるには、こういった身体の誤った使い方という生活習慣の問題が潜んでいます。

特に足は全身を支えているため、その誤りの影響は足だけに留まらず、全身に及びます。

以下は誤った歩き方が誘引する可能性のある状態です。

ご覧の様に、その影響は痛みなどの状態のみならず、太ももが太い、骨盤が広がりお尻が垂れるなどの外見上にも大きく影響を及ぼしています。

しかし、これらに対して「歩き方が良くないせいかも」と気づいたとしても、
その歩き方の誤りを修正、指導してくれる施設などはほとんど見つからないはずです。

あったとしてもせいぜい都会に、魅せることを重視したモデルウオーキングスクールがあるぐらい。

足の問題の改善には、理論に裏付けされた、健康のための歩行指導施設が重要になっております。

当院で指導している歩き方は「ゆるかかと歩き(ネイティブウォーキング)」といい、
「屈曲歩行」「二軸歩行」を基とした、人体の骨格の構造上において理に適った自然な歩き方です。

当院が所属する、ネイティブウォーキング協会代表の中島先生が、足の問題の根本的改善を研究する中で、アメリカ足病医学と出会い、そしてその理論を基にしたこの歩行指導メソッドを開発するに至りました。

実際の現場で足の問題にお悩みを抱える方のご協力のもと、試行錯誤して作り上げたものなので、理論上合理的な事は無論の事、その改善実績も確固たるものがあります。





これまで何十年も続けてきた歩き方を変えることは容易ではないですが、その指導方法にも独自のメソッドが確立されております。

確かにその方の尽力は必要としますが、それにより80歳を超えるご高齢の方や、杖をついておられる状態の方まで習得が可能です(当協会にて実績あり)

足の問題が重度であるほど、今までの歩き方とは全く異なる歩き方に感じられるのが特徴です。

ですが多くの方が初めて体験されたその日に、こうあるべき自然な歩き方による「度肝を抜くような足の軽さ」に驚愕されます。

まずはぜひ一度、ご体験いただければ幸いです。