幼少の頃、母親の肩たたきをさせられ「気持ちよかった、上手やね」とうまくおだてられ嬉しくなる。

人が喜ぶことをしてそれが素直に嬉しい。そんな風に記憶しております。

後に整体師を目指そうとした時に、そのことをふと思い出しました。

 

実業系の高校を卒業後、県外にある車の会社に入社、2交替制の工場勤務で1日約9時間半、中腰の姿勢での作業からか腰を痛めてしまい、しばらく治療院に通いましたが、そちらの治療が私にはあまり合わなかったのか、思ったほど改善せず半年ほど通って断念しました。

その後、自分本位が祟って逃げるように腰痛を理由に退社。

それからしばらくの間、職を転々としながら、たまたま入ったお店でたまたま飲んだカクテルに衝撃を受けバーテンダーにあこがれ、数年後金沢市片町でバーテンダーになりました。

しかし年齢的にもスタートが遅い為、マスターにはかなりしごかれサービスを叩き込まれながら、しんどい日々を送っていました。

 

始めの数年はここでも自分本位の逃げ癖が出ようとしましたが、明確な目標(自分の店を持つ事)や先輩、他店の仲間達のお陰で何とか頑張って務めました。

何年かして、この仕事でお客様の喜んでいる顔を見る事が、とても自分の励みになっている事がわかりだしました。

「酒を通じて人を癒す事」そんな事が念頭にある頃には、自分の作ったカクテルで笑顔になり、目の前で賛否の評価をして頂ける。

そんな刹那の悦び。これに尽きていました。バーテンダーになって良かった!と報われた時でもありました。

調理経験を生かした突き出し・料理も担当し、とてもいい経験をさせて頂きました。

 

仕事に没頭していたそんな折、元妻との出会いでその後の人生が180度変化することになりました。

出会ってからしばらくして発覚したのが、なんと彼女の足は難病でした。

病院でも治す事は無理と言われましたが、何とか良くならないかと整体や様々なことを試した様ですが一向に改善せず断念したそうです。

数年後のある日、違う仕事でストレスから肩や首がコリまくり、首が上がらない状態を改善して頂いた整体院があり、ここで感動した思いからのちに師事する事になります。

その後、彼女の身体の為、自分自身の身体も含め、「人の健康を作り笑顔を作り出す魅力がある」整体師になろうと決意し、未熟ながらも、彼女の足を何とかできないか?と試行錯誤するもやはり相手は難病、改善などできるわけなく敢え無く挫折。

自分の大切な人の身体をちっとも改善できない悔しさから辞めようかとも思いましたが、それならせめて普段の生活に支障がないくらいにケアしていこうと、気持ちを切り替えることにしました。

数年が経ち自分の整体院での事、酷い外反母趾の方が来院され、数回に渡り整体施術を行うが肝心の外反母趾は未熟さが露頭し敢え無く撃沈。

何も出来ない歯がゆさ故「外反母趾は自分の範囲外」と自分本位に考えました。

 

転機は2021年コロナ禍、とある広告に目が留まり「外反母趾が治る?ゆるかかと歩き?アメリカの足病医学?」何だかわからないが根拠のない確信めいた光の様なものが見えた気がした!

ZOOMセミナー?見てみよう!どんな感じだろ?久しぶりにワクワクする興奮めいた感情で、そこからは流れに乗るかのようにインストラクター講座を受講するに至りました。

実際、講座を受けて先ず、自分の酷いクセに驚く!「こんな歩き方してたらそりゃ腰やら脚やら痛くなるわな」正しい歩き方が出来た時には「自分の足じゃないぐらい軽い!凄い!」というのが自身の感想でした。

やっぱり来てよかった!

これを機に自身はもとより、今現在ご縁のある方々にこの歩き方を伝えたら不調も軽減、いや、改善するんじゃないだろうか!?とあの時の歯がゆさもすっかり忘れて、整体師を目指すきっかけとなった「人の健康を作り笑顔を作り出す魅力がある」がフラッシュバックし、これこそがこの事だったのか!ようやく出会えた!と確信に至り1人ワクワクしながら帰路につきました。

今後はネイティブウォーキング協会・中島先生や全国の諸先生方に教えを請いながら、「ゆるかかと歩き」を広めていく事に尽力していこう!そしてこのメソッドを通じて、あの時助けられなかった元妻や患者さんの分まで、これから多くの方を助けることが出来れば・・・。そういう思いで患者さんと向き合う毎日を過ごしています。